浮気調査の具体的な方法

探偵業務における浮気調査の具体的な方法

探偵業務には様々なものがありますが、その中で最も依頼件数として多く、需要が高いものに「浮気調査」があります。

浮気調査とは、その名の如く調査対象の浮気の事実の有無や、その証拠、場合によってはそれに至った背景や、浮気相手の素性まで調べ上げる事を指します。

浮気調査の一連の流れとして、まず相談者が探偵に調査対象の浮気を調査して欲しいという依頼から始まり、その後担当との面談を行い調査費用の見積もりを算出します。

この面談ではかなり具体的なやりとりがなされ、調査対象の行動パターン等をある程度把握し、それに適した調査方法を担当が導き出します。

この時点で、調査人数や調査日数、調査に必要な経費等も算出されますが、これに関しては調査が開始された後の新たな調査を依頼したり、他に経費が必要となった等、変更がある可能性も当然あります。

それに伴い、費用が当然前後する事も十分に考えられますので、ここで出た見積もりは参考程度に考えておきましょう。

その後本契約がなされ、浮気調査が開始します。探偵側はまず、依頼通りの行動を前提とし、調査対象を追う事となります。調査ごとに情報を報告してくれますので、調査の進捗状況は逐一把握出来ると考えて良いでしょう。

確定的な証拠とは

この時点で、もし確定的な証拠が得られる、若しくはその他決定的な場面等に探偵側が遭遇し、それが依頼内容「外」又は別途費用が必要となる場合は、探偵側から相談者に許可を求める連絡が入る事もあるので、随時臨機応変に対応しましょう。

事前に、「確定的な情報を手に入れられる」状況が発生する事を把握出来るのであれば、相談者がその場に立ち会う事も可能です。

依頼分の日数の調査を終えたら、最終報告となります。最終報告は「浮気調査結果報告書」としてまとめられ、相談者への報告がなされます。ここで、調査中に撮影した写真の提出や、調査の詳細を事細かに説明してくれます。

報告書を相談者に手渡し、引き継ぎが完了した時点で「今回の浮気調査で得たデータ等」は、全て探偵側で処分を行いますので安心しましょう。

探偵による浮気調査は、極めて深く調査を行ってくれます。ただし、あなたの依頼内容により費用が大きく変化してしまうので、自分の財布と相談し必要であると思われる情報を知るだけという選択も必要です。

「探偵はお金が掛かる」と考える方は多いですが、相談だけであれば無料です。まずは連絡をし、自分が「探偵の浮気調査」を理解し納得した上で依頼をしましょう。