イメージ画像

差別とはならない身辺調査や身元調査

身辺調査や身元調査を必要とするご相談者は「身近な人物に不信感を持っている」ケースが少なくありません。このようなご相談者は不安に感じている事柄を明らかにするために「探偵による身辺調査・身元調査」を必要とするのです。将来的に身内となる可能性が高い「婚約者や交際相手」の身辺調査や身元調査は需要が高くご相談も非常に多い案件と言えます。しかし、近年は差別のない社会を目指した運動により「差別に繋がる身元調査は実施されない」傾向が強いと言えます。結婚相手や婚約者に関する調査についても同様であり、「出身地に特化した調査」などは実施されないと言えるのです。

全ての身辺調査や身元調査が差別に繋がる調査ではありません。

誤解を招くことがないよう念のためご説明しますが、「確認のための身辺調査や身元調査は必要枠」と判断されています。結婚により他人が親戚となるわけですから、事前に伝わっている身元情報に誤解があってはならないと考えられるのです。当然ですが、このような確認のために必要となる調査は「差別ではありません」ので探偵や興信所の調査を名指しで差別と決めつけることは違法行為ともとれるのです。調査を実施する探偵のモラルも必要ですが、それ以前に社会の認識が誤ってしまっては「モラルも善し悪しも判断が不可能」となってしまうでしょう。大きな括りで差別ばかり声を大にした「誤解を招く詳細の無いポスターやネット上での公の場での表記は控えるべき」と判断できるのです。

降りかかる問題やトラブル対処から必要となる身元情報

身元情報は現代社会では厳格に扱われる情報と言えます。個人のレベルで正当な理由なく「個人情報の入手は困難」と断言出来ることでしょう。悪意ある相手が身近に存在し起こりうる「問題やトラブルに対して正当な対処」をするために必要な身元情報であっても情報を開示することが困難な時代と言えるのです。

我々調査業に携わる多くの人物は思います「行き過ぎである」と。

現代において保護される情報は「悪意を持った人物も多く保護」されてしまう括りであると断言できます。行き過ぎた法規はどこかに「しわ寄せが生じ対処不能な状況」を作り出す原因となってしまうものです。たとえば民事不介入であった警察や関係役所でトラブルを扱う事案が増加していることなどが象徴的な近年の変化と言えるのです。対応経験が浅くノウハウが少ない組織の対応は「事実確認や証拠が明確」でなければなりません。税金を使った組織が動くということは相応しい前提や理由が存在しなければならないことを理解するべきでしょう。

対処可能なタイミングで情報を入手する

上記のような状況化下において「緊急を要する事案に対処可能であるか?」が皆さんに必要な判断であると考えられますが多くのケースでは事後にしかことが運ばなく「大きな不利益」や「精神的なダメージ」を背負うこととなってしまうのです。

このような状況が「しわ寄せにより招いた結果」と言えるでしょう。

それでは皆さんが選択すべき「ベストな判断」はどのようなものであるか?が重要ポイントとなる訳ですが「不利益やダメージを背負う以前のタイミングで問題解決に必要な情報や事実確認に必要な確実な情報を得て「関係各所を動かす」ことがベストな選択と考えられるのです。必要なタイミングを逃さない為に時には「探偵の調査が必要なケース」も当然あるでしょう。そして、このような情報を入手するタイミングを逃さないということは「早期に問題解決」に繋がり、多くのリスクを事前に回避できる可能性が高くなると言えるのです。

このページの先頭へ