「良い探偵」の条件とは

「良い探偵」の条件とは

依頼者目線からみた「良い探偵」は、実のところあまり現実的ではありません。

なぜならドラマや小説のイメージが強いのか、依頼者は探偵が何でもできる、調査は成功して当たり前と思っている節があるからです。

そのため、「調査が成功することは当たり前」で、その上のラインで探偵の良し悪しを判断しようとしてしまうのが常。その結果、「費用が安い」「成功率100%」といった要素に釣られて、探偵を選んでしまうのです。

けれども、依頼者が考える成果ではなくても、探偵が「成功した」と言い張ったらどうでしょうか。

結局のところ成功か不成功かは依頼者の満足度によります。

そもそも、例えば浮気調査なら「(調査期間には)浮気の事実がない」という結果が出る可能性もあります。

ではこれは失敗、よくない探偵だった!といえるでしょうか。

当たり前のことに聞こえるかもしれませんが、良い探偵とは、その依頼を受けられるだけの技術と人員、機材等を持ちあわせていて、真摯に調査に取り組み、公的にも通用する詳細な報告書を提出できる人。

根拠なく大きなことを言ったり、安いのだからと契約をいそがせたりするような探偵は論外です。

電話対応や面談で人柄を見つつ、調査員の数や機材、調査報告書のサンプル等を参考に、検討してみてください。

探偵事務所に相談して悩みを解決してみよう

探偵事務所と聞くと、どのようなイメージを思い浮かべるでしょうか。

よくドラマで大活躍していますが、現実の探偵はもっと地味です。とはいえ、クライアントから依頼された仕事については、もちろん我々はプロとしてキッチリこなしますよ。

例えば、ある人物の身元調査をして欲しいといった依頼ならば、その人物を尾行したりして身元を突き止めるのです。

連絡方法としては電話またはメールになりますが、正式に契約するとなると一度お会いしなければなりません。

なぜなら、調査料金の金額は、調査にどれだけの人員や器材を投入するのかで決まるからです。その為、正確な見積りを出す為にも、まず詳しい話をお伺いすることになります。

探偵事務所では、まだ事件になっていない悩みにも対応しています。

警察は何らかの被害があってからでないと動けませんが、探偵事務所なら即座に調査を開始できるのです。

また、我々は、クライアントから知り得た情報を一切口外いたしません。調査においても、調査対象者に気づかれないように尾行や張り込みを行います。

不審者につきまとわれているといった悩みは、そのまま放置すると危険です。1人で抱え込まずに、早めに探偵事務所に相談してみましょう。